燻製は意外と手軽

燻製って結構大がかりだと思っていたけど、鍋型のスモーカーなどもあって結構簡単に始められるんです。

もちろんお高いスモーカーもあるけど、初心者用のセットなども合って敷居はそこまで高くありません。

また家にある大きな鍋を利用したり、段ボールで自作したり、一斗缶なんかでも作れます。アウトドアが好きな人は、ダッチオーブンなんかあればそれでも作れますよ。

燻製ってただ香りがついただけなのだろうか?

嫌・・・違うと思う。香りだけであそこまで美味しく変化しないだろう。

たき火などしたときに、結構体にたき火のにおいがつくよね。たき火は、どうでもいいものを燃やしたりするからそこまでいい香りじゃないけど・・・なんか好き。

そう考えると、もっと質のいい木なんかで燃やしたらもっともっといい香りに変身するよね。そう考えると美味しい食べ物がもっと美味しく変身する。塩漬けなんかにして作ったりするので味がしみ込んでもっといい仕事してくれて、香り+いい味で美味しくなるんだね。

そう考えると、作らないとそんな気がします。手軽に始められるし、これはみんなにもお知らせしたーい。と思う今日この頃。

燻製って美味しいので自分でも作りたいなぁと思い色々調べてみました。

自分の為の覚書も含め、ここにまとめてみたいと思います。

スモークチップを使ってスモーカー内を80-120℃を保ち短時間で燻製にするのが「熱燻法」といいます。スモークウッドを使ってスモーカー内を30-80℃を保って燻製にするのが「温燻法」です。また、低温でじっくり燻製にすることを「冷燻法」といいます。

基本温めて燻製にするので、高温に溶けてしまうものは不向きだけど、比較的どんなものも燻製にできます。これってかなり素晴らしいことだよね。

チーズ

手軽にできるのはなんといっても「チーズ」だけど、溶けやすいものは不向きなので残念ですが諦めましょう。プロセスチーズが向いているので、プロセスチーズで試してみましょう

必要なものを揃えましょう!

スモーカー(手作りでも、市販のものでも大丈夫です)、ガスレンジやカセットコンロ、スモークウッドやスモークチップ、トング、スケール、燻製にする食材です。他にも必要なものはありますが、まずはコチラを準備しましょう。オーブントースターなんかもあった方がいいよ。

スモーカーは後程作り方を説明します。スモークウッドやスモークチップもいろんな種類があるので、こちらもあとで説明しますね。調味料も色々使い分けると楽しいですよ。

食中毒には気をつけましょう

冷燻や温燻は加熱殺菌が出来ないので注意が必要です。
肉を切ったりするときの調理器具の衛生面でも気を付けないとなりません。

できれば熱湯消毒などをして使用するのがいいでしょう。そういった事も防ぐために、食材に直接させる温度計もあると便利です。

お肉は、お肉の中心を63℃以上で30分以上加熱しないと殺菌効果は期待できません。こういった事を知れるのも温度計があればこそですね。

後は乾燥させるときに、日陰干しが一番自然体でいいですが、ばい菌などに侵されやすいので、乾き具合をしっかり観察できない場合には冷蔵庫乾燥などにした方がよいです。

自家製燻製を作るのであれば、ハーブなども自家製で育ててあげるとより燻製作りが楽しくなると思います。

私は、バジルやローズマリーは庭で育てています。ガーデニングも楽しいですよ。

燻製は思ったよりハードルが高くないと思います。私もこれを機にもっともっと燻製作りを楽しもうと思います。

燻製作りの流れ

ほとんどが、5工程で作れます。

1.下準備
魚は、生臭さが残らないように内臓や血をしっかり取り除きます。肉は、余分な脂や皮を事前に取り除きます。また切り分ける場合には、繊維にそって切り分けましょう。

2.漬け込み(塩漬け)
乾塩法:塩やコショウを振り掛けて擦り込んで袋に入れて密封状態にし冷蔵庫などで保存。
湿塩法:味付けをした液をつくりその中に漬け込む。均一に味がしみ込むことが出来て、擦り込めない柔らかい食材にも適す。

3.塩抜き
味をしみこませようとすると、塩辛くなりすぎたります。そこで塩抜きを行います。
水を流しっぱなしにする流水法や、水を溜めて塩抜きするため水法があります。

4.乾燥
一番ポピュラーなのは、日陰干しにする風乾法です。しかし時間がかかるし、気温が高い時期には腐ってしまう場合もある為、冷蔵庫を使用したり、オーブントースターで乾燥させたりもできます。

5.燻製
食材に合った燻製の方法で燻製にしてみましょう。

何気に使える調味料

調味料と言えば、塩コショウを思い浮かべるでしょう。
燻製では、ハーブやスパイスなんかも合わせて使うとより美味しい燻製ができます

「調味料」
塩(粗塩がお勧め)、砂糖(三温糖や甜菜糖などあればベスト)、こしょう、しょうゆは家庭にあると思うので、家にあるもので良いと思います。

「スパイスやハーブ」
ニンニク、ローリエ、オニオン、タイム、セージ、生姜、ローズマリー、ナツメグ、八角、オールスパイスなどあると便利です。

燻製以外にもいろいろ使えますので是非取り揃えたいところです。

肉と相性が良いのは、タイム、オニオン、セージ、ナツメグ、ディルシードなどです。タイム、オニオン、エージは臭い消しにもなります。

魚と相性がいいのは、タイム、オニオン、フェンネル、ローズマリーなどがあります。臭い消しには、オニオン、ローズマリー、タイム、オレガノがいいですよ。

調味料やスパイスなんかを上手に使うともっともっと美味しい燻製になりますよ!

今はアプリや婚活サイトが充実していて出会いがたくさんあって羨ましい

今では本当に出会い系アプリや婚活サイトがすごく充実しているので、かなり出会いのチャンスも広がって正直羨ましいですよね?

私たちの時代はまだそんなのがなくて、お見合いや古いパソコンくらいなので、携帯もなくてかなり不便な時代でした。結婚して既婚となった現在でも、この今の出会いやすい時代に生まれればよかったと思うこともよくあります。

やはり、素敵な人と知り合える可能性も高いですし、婚活サイトで素敵な方と出会いたいと今でもすごく思ってしまいます。マイナビ婚活などを利用して、できれば婚活をしたい気分になります。今の子は本当に羨ましく思いますし、かなり嫉妬してしまいます。スマホやパソコンでいくらでもきっかけが作れますし、私たちが子供のときにはなかった物がいっぱいあり、今の時代にまたやり直しできれば幸せなのに!とつくづく思いますよね。

もし、可能であるであるならば、もう一度婚活をやってみたいですね。婚活サイトやアプリなどを駆使し、楽しく婚活できれば最高です。

資料サイト/http://ペアーズpairsやomiai.biz/

手作りスモーカー

なるべく深めの鍋もしくは中華鍋やフライパンなど、それに入る網、アルミホイルが必要です。

「蓋付き深い鍋」
鍋にアルミホイルを一度シワにしたものを引きます。

その上に網をセットします。その時に一番下まで落ちてしまうとチップが置けないので、四角い網にして四隅を折り曲げて落ちないようにするといいでしょう。

足がある網なんかも便利そうですね。

蓋は、できれば耐熱ガラスだといちいちふたを開けて確認しなくて済むので便利です。

「フライパンや中華鍋」
こちらは蓋がないと思いますので、セットの仕方は深い鍋と同じです。

蓋は、家にあるものを使うか(でもサイズが合うもの)、サイズが合わないようであればアルミホイルで手作りしちゃいましょう。

ボウルなどをつかってアルミホイルで蓋を作ると、丸みの帯びた蓋ができます。

フライパンや中華鍋は、そこまで深さがないので、できたら丸いドーム型の蓋にした方が高さが出るのでいいです。

燻すので、鍋やフライパンに色がついてしまうときがありますので、気になる方はアルミホイルでガードした方がいいでしょう。

ウッドとチップの種類

スモークウッドやチップってどんなものがあるんでしょうか?

「ウッドの特徴」
粉状にした樹木を角材風に固めたものです。

ウッドは、一度火をつけると自分で燃え続けるので、外から火を必要としません。だいたい1本で4時間程度燃えます。

密封状態だと酸素がなくなり火が消えてしまうため、空気を通すことを忘れずにしてください。鍋などを利用する際は、竹串などを用いて隙間を作りましょう。

「チップの特徴」
樹木を砕いたものです。自分で削って作っても大丈夫です。破片状なので、いろんな種類をブレンドすることができます

自分では燃えず、下から加熱して煙を出すためガスコンロ等が必須となります。

「種類」
サクラ、ヒッコリー、クルミ、リンゴ、ナラ、ブナなどがあります。

サクラが一番利用されています。香りが強く、肉・魚のどちらにも向いていると言われています。

ヒッコリーは、欧米でよく使われています。香りも良くいろいろ使えます。

クルミは、香りも良く、癖がないのでどんなものにも使えます。

リンゴは、甘い香りがします。鶏肉や白身魚など淡白な食材と合います。

ナラは、香りが強く、癖のある食材に向いています。

ブナは、すっきりとした香りで、魚などに合います。