手作りスモーカー

なるべく深めの鍋もしくは中華鍋やフライパンなど、それに入る網、アルミホイルが必要です。

「蓋付き深い鍋」
鍋にアルミホイルを一度シワにしたものを引きます。

その上に網をセットします。その時に一番下まで落ちてしまうとチップが置けないので、四角い網にして四隅を折り曲げて落ちないようにするといいでしょう。

足がある網なんかも便利そうですね。

蓋は、できれば耐熱ガラスだといちいちふたを開けて確認しなくて済むので便利です。

「フライパンや中華鍋」
こちらは蓋がないと思いますので、セットの仕方は深い鍋と同じです。

蓋は、家にあるものを使うか(でもサイズが合うもの)、サイズが合わないようであればアルミホイルで手作りしちゃいましょう。

ボウルなどをつかってアルミホイルで蓋を作ると、丸みの帯びた蓋ができます。

フライパンや中華鍋は、そこまで深さがないので、できたら丸いドーム型の蓋にした方が高さが出るのでいいです。

燻すので、鍋やフライパンに色がついてしまうときがありますので、気になる方はアルミホイルでガードした方がいいでしょう。

ウッドとチップの種類

スモークウッドやチップってどんなものがあるんでしょうか?

「ウッドの特徴」
粉状にした樹木を角材風に固めたものです。

ウッドは、一度火をつけると自分で燃え続けるので、外から火を必要としません。だいたい1本で4時間程度燃えます。

密封状態だと酸素がなくなり火が消えてしまうため、空気を通すことを忘れずにしてください。鍋などを利用する際は、竹串などを用いて隙間を作りましょう。

「チップの特徴」
樹木を砕いたものです。自分で削って作っても大丈夫です。破片状なので、いろんな種類をブレンドすることができます

自分では燃えず、下から加熱して煙を出すためガスコンロ等が必須となります。

「種類」
サクラ、ヒッコリー、クルミ、リンゴ、ナラ、ブナなどがあります。

サクラが一番利用されています。香りが強く、肉・魚のどちらにも向いていると言われています。

ヒッコリーは、欧米でよく使われています。香りも良くいろいろ使えます。

クルミは、香りも良く、癖がないのでどんなものにも使えます。

リンゴは、甘い香りがします。鶏肉や白身魚など淡白な食材と合います。

ナラは、香りが強く、癖のある食材に向いています。

ブナは、すっきりとした香りで、魚などに合います。